Skip to content →

ブログを書く意味を考えてみた。

こうしてブログを書くようになって、色々な方が運営している「WEBサイト」や「ブログ」を参考に閲覧する機会が多くあります。

そこにはジャンル問わずに、とても参考になる情報を集めているものや、独自の視点で物事を解釈し意見を発信しているものなど、文章を書くという共通の中にも、どの立ち位置で誰に向けて書いているのか?というものは十人十色でいいんだと感じています。

かなり狭い範囲のマニアックな閲覧者に向けた情報や、広く大衆ウケをするような記事など様々ですが、やはり読んでいて思うことは、記事の内容に自分の興味がそそられるかどうか?それがサイトやブログを運営する上で多くの読者を得る為には、とても重要なこと。

余程の有名人や友人でもない限り、個人が書き綴っているブログに、他人は興味を持ってくれません。

何かしら興味のあるジャンルであり、少しでも有益な情報が掲載されていなければもっての他で、わざわざ貴重な時間を費やして知りもしない他人の個人日記的なブログなんて見たいと思いませんよね…。

そんなことは百も承知で、私自身この「morolife」をちょこちょこ更新していますが、もちろん多くの方に見てもらいたいとは思っていません。はっきりと言ってしまえば自分自身のためのものだと考えている節が強く、その時自分が何を感じて何を思っていたのか?ということを未来の自分に残しているような感覚といえば近いでしょうか。

少しずつ年を重ねる度に感じることは、過去にしたことや思ったことを忘れていってしまうということ。悲しいことですが・・・。

例えば一年前の今日何をしたか?そんなことを急に聞かれるとはっきり言って思い出せないし、どこにも記録を残していないので思い出すのが困難だと痛感させられます。致し方ないことなのかもしれないけれど、それはそれでさびしいことだなぁと思うので、こうして記録をすることで、過去に遡って思い返すツールとして残しておきたいと思っています。自己満足以外のなにものでもないけれど、それでいいんだと自分に納得し、これからも記録していきたと思います。

たまたま訪れた方がいる偶然にも感謝し、全く私のことを知らない人との接点にもなれたら、それはそれで嬉しいなと思います。

Published in 日々

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です