Skip to content →

大山

不足の事態が起こってしまう。
あぁツイてないなぁなどと思ってしまったりもするのだけれど、
事柄が起こるには、それが起こるだけの何かしら原因や予兆があるわけで、
原因なく何事も起こるわけではない。

人はそれが唐突に起こったみたいに思ってしまうが、
その原因に気付かぬままやり過ごしてきていることがあるに違いない。

ましてや、気付いていながらもそのまま放置した案の定その結果に陥る場合もある。

すべての現象の発端は己に存在する。

他の何かに責任転嫁したところで解決の糸口にもならないばかりか、
いずれまわりまわって己に帰ってくるものである。

その責任や原因はきっと自分自身にもあるのだ。
落胆するのでなく、嘆き悲しむのでもなく、受け入れること。

皆がその気になればこの世界は少しづつやわらかくなっていくんじゃないか。
そんな気がする。

Published in 山歩き

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です