本当の家族とは?「家族という病」

本当の家族とは?『家族という病』
Pocket

家族ほどしんどいものはない。

血のつながりがある唯一の存在だからなのか、ある一定期間の間ともに生きてきた仲間だからなのだろうか、自分を愛し育ててくれた感謝からなのか、「一家団欒」という家族をポジティブに捉えたイメージに私たちはいつしか縛られてはいないだろうか?



家族だから何でも許されるという甘えた考えや、何も言わなくても思いは伝わっているという勝手な誤解など、親しい友人よりも会話や向き合う機会が少ない家族を、きっと私たちは「わかったふり」をして生きている人が多いと感じます。親が生きてきた日々の中で、何を思い何を考えていたのか?命途絶えてから改めて思い浮かべてみたが、結局何もわからなかったと自分を責めることもある。家族という無償の愛はさておき

 

こんな人におすすめ!

  • 家族間のトラブルに悩んでいる方
  • 兄弟や家族との関係を考えている方
  • 家族に対してネガティブになってしまう方

 

家族といえど個人でしかない

家族といえど違う個人なのだ。個と個の間に摩擦が生じれば、何が起きても不思議ではない。

親子間におけるトラブルは年々増加経過傾向にあり、殺人や暴行が家庭内において行われてしまっているのも事実。家族だから大丈夫ではなく、家族だからこそ真剣に考えていかなければならないのです。すべての家族が笑顔でともに暮らせる人が1家族でも多くなりますように。『家族という病

SNSでシェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です