いつまで視聴者でいるのか?「動画で稼ぐ仕事術」

今や広告の主流ともなってきている動画コンテンツですが、まだまだその余地は広く可能性を秘めているように思います。かつては「テレビ・新聞・ラジオ・映画・雑誌」がメインのマスメディアとして賑わっていましたが、今ではYoutubeやInstagram・FacebookなどのSNSの利用者が拡大し、テレビCMを打つよりもSNS広告に予算をかけようというように、広告の幅も広く考えられるようになりました。
Pocket

今や広告の主流ともなってきている動画コンテンツですが、まだまだその余地は広く可能性を秘めているように思います。かつては「テレビ・新聞・ラジオ・映画・雑誌」がメインのマスメディアとして賑わっていましたが、今ではYoutubeやInstagram・FacebookなどのSNSの利用者が拡大し、テレビCMを打つよりもSNS広告に予算をかけようというように、広告の幅も広く考えられるようになりました。

しかしながら、まだまだ新規参入する隙間は多く、この「動画」というコンテンツの秘める力は計り知れません。今回はこの動画を初めたいけれどもどうして良いかわからない。企業としてどのように動画を扱えば良いのかなど、新たに「動画」というコンテンツを扱う上でのポイントを知りたいという方へ「動画で稼ぐ仕事術」からそのヒントをご紹介していきたいと思います。


こんな人におすすめ!

  • 人事や制作で動画を使ったプロモーションや広報活動を考えている方
  • 個人的に動画制作を学びたい方
  • 副業としてYoutubeなど配信してみたい方

 

動画制作をするうえで、全て制作会社に丸投げをすれば良いものが出来上がるわけではありません。依頼側としても何を考えなければならないのか、動画コンテンツを制作・発注するうえで重要なことなど、事前に基本的な知識は入れておくようにしましょう。

ハード面の発展により動画コンテンツの波を強くしている

「4G」から「5G」への移行が進み、動画コンテンツを誰でもどこでも視聴できる環境が整備されてきました。通信速度の急速な成長の恩恵を受け、動画はさらに活用されていくことは間違いないでしょう。

最近では「お笑い芸人」や「アイドル」が専用のチャンネルを作り、テレビや営業以外でも様々な告知やイベント、広告による収益を上げていることが当たり前になってきています。かつてはブログというツールにより情報を発信していた人たちも、徐々にYoutubeなどの動画プラットフォームに切り替えそれぞれの手法で視聴者を増やす努力をしています。

2020年で言えば、withコロナ対策として休業などによる在宅勤務も増加し、Zoomなどのツールも身近になっている。この1年で働き方は大きく変化を見せ、人が動く(アクション・ムーブ系)から、つながる(コネクト系)へと変化してきています。

副業の推奨なども重なり、個人でお金を稼ぐことに対するハードルは下がっている。つまり、誰でもオリジナルのコンテンツを簡単に発信できるようになってきました。つまり、正社員として企業に属しながらも個人的な仕事としてSNSを活用し、情報を発信するなど個人としてスキルや経験を売り物にできる社会になってきています。

動画コンテンツを制作するうえで個人として大切なことは、

  • どのようなことが教えられるか?
  • 何を書けるのか?
  • どれだけ伝えられるか?

 

ということを自己分析し理解できる人が、これからの時代に活躍することができるでしょう。
反対に伝え方がわからない…。どうすれば良いかわからない…。と、ただただ嘆いてる場合ではありません。

まとめ

動画制作におけるコツや視聴者の興味の惹かせ方、そのノウハウが詰まった一冊になっています。テレビと動画の違い、ハッシュタグのつけ方など、動画で稼ぐことを本気で考えている人は読んでみてください。

SNSでシェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です