蒼を超えて

蒼を超えて

僕は嘘つきでした。 嘘をつくことへの罪悪感なんてこれっぽっちも結局なくって、 口からデマカセの言い訳を並べているだけの、 醜くて屁理屈な、ただの馬鹿だったのだと、 心の真ん中でそれを認めることができました。 上辺だけのキ…...

春来たれり

春来たれり

ちゃんと季節は移り変わるんだ。 早いか遅いかの誤差が少しばかり存在するだけで、 その時間の流れを、僕らはそれぞれの速度で進んでいく。。。...

Scroll to top