雲模様

君の考えていることは、まるで雲に梯だよ。

最もなことを指摘されたことに落ち込んだのは事実だけれど、
それでも梯を架けてみたいとやっぱり思ってしまうのは、
僕が欲張りだからという理由だけなのだろうか。

忘却

大きな荷物を担いでくれたあなたは憶えているのに、
スーパーで買った2ℓペット持ってくれたあなたは忘れてしまった。
そんな事に気付くと、何だか自分に嫌気が差す。