棒ノ嶺

足元を流れていく枯れ葉が、
ふと、目を離した隙に見えなくなった。

流れていく時間と傾いていく影に包まれて
しっとりと湿った風が、さらりと吹き抜けていく
まるで、心を置き去りにしてくように・・・

浮生夢の如し 。

棒ノ嶺 969m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください