想像力

見る人と、撮る人。

 

見る人は見る側から撮る人の視点を想像する
撮る人は撮る側から見る人の感性を想像する

 

自己満足に走り過ぎた写真は滑稽だ。
自己表現に偏り過ぎた写真は遺憾だ。

 

ただ、見る人を想像して撮る人になりたい。

 

見る人がいてくれるから、
そこに生まれた写真に意味が生まれるのだと信じているから。

 

もっと想像力を・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください